リフォーム

テレビアンテナの修理・建て替えはいくらかかる?業者はどこに頼めばいい?4K・8K対応は?

更新日:

アンテナの修理・建て替えは寿命の前に

・なんかテレビの映りがよくないな、とアンテナを見てみたら何だか他の家と違う方向を向いている?

・アンテナがグラグラして風がふくと倒れそう。

・見た目は特に変わったことはないけどテレビの映りが悪いぞ・・・。

なんてことはありませんか?

実はテレビアンテナにも寿命があります。

Comfreak / Pixabay

さすがにこんなの来たらアンテナどころじゃないですが・・・。

台風だけでなく、雨風、直射日光に常にさらされているアンテナは常に過酷な状況をたえ続けています。

年数が経てばボロボロに劣化したり、アンテナを支える支線がゆるんだり切れたりするのは仕方ないことです。

それでも、台風や強風でアンテナが倒れたり飛んでいったりしたら大変なことですよね。

万が一、隣の家にぶつかったり歩いていた人に当たってしまったら賠償問題です。

そんなことにならないように映りが悪くなってきたり、見た目にグラグラしているようであればアンテナの建て替えをおすすめします。

4K・8K対応のテレビ、アンテナ

またテレビの映像がますます鮮明になっていきますが、4Kや8Kの映像を楽しむためには対応したテレビやアンテナ、ブースターや分配器といったテレビを見るための機器を交換しなくてはいけない場合があります。

東京オリンピックに向けてアンテナ工事を済ませておきたいですよね。

アンテナ工事はどこで頼む?

アンテナ工事を頼むのはまちの電気屋さん家電量販店で頼むことができます。

それぞれのメリット・デメリットをみてみましょう。

 

まちの電気屋さんのメリット

地元なので対応が早いところが一番のメリットです。

まちの電気屋さんとつながっておけば万が一の時でも素早く対応してくれます。

 

料金ですが、まちの電気屋さんは高いというイメージがありますが僕はそうでもないように感じます。

知り合いに個人で電気屋さんをやっている人がいますがけっこう良心的な値段を出してくれます。

彼らは自分で値段を決めるのでお願いすれば工事代を安くしてくれると思います。

まちの電気屋だから高いというのは単なるうわさだと思うので見積りをとるのが確実です。

 

まちの電気屋さんのデメリット

まず問い合わせするところでつまづきます。

まちの電気屋さんのほとんどはホームページを持っておらず、広告もないので問い合わせがしにくいです。

ネット検索で電話番号はでてきても直接かけていいものなのかどうなのか・・。

また1人でやっている職人さんみたいなタイプが多く営業的な対応力は乏しいといっていいでしょう。

 

電気屋さんもそれぞれでいい電気屋さんもいればそうでないのもいます。

たまたまいい電気屋さんに巡りあえればいいですがそうでなければ最悪な経験をする覚悟がいります。

 

家電量販店のメリット

ヤマダ、ケーズ、ジョーシンなど名前が知られているので信頼感、安信感はあります。

また窓口がわかりやすく頼みやすいのがポイントです。

量販店だけあって材料を安く仕入れることが可能なので、まちの電気屋さんに比べ材料(アンテナ)は安くなります。

(ただ、インターネットで買う方が安いのも事実・・・。)

家電量販店のデメリット

バラしますが実際工事をするのはまちの電気屋さんです。

そりゃそうですよね。よく考えればわかります。

まちの電気屋さんの工事費+材料費+家電量販店のマージンが発生するので金額的には高くなりがちです。

ただアンテナなどの材料を安く仕入れすることができるので、見積りはまちの電気屋さんとあまり変わらないかもしれません。

 

要は、まちの電気屋さんは工事費を削り、家電量販店は材料費を削るのです。

 

アンテナ工事の棟梁ドットコムをオススメする

アンテナ工事の専門会社です。

ひいきするつもりは無いですがまちの電気屋さんと家電量販店の両方のいいところを備えているので紹介します。

まずメリットですがアンテナ専門でやっているので、工事費も抑えることができるうえ量販店なみに仕入れが安く材料費が安いです。

つまり、最終的な見積り金額が他より安い。

しかも量販店からこの棟梁ドットコムへ依頼がいくことが増えているので、同じアンテナで同じ工事だとしても量販店に頼むと量販店のマージン分だけ損する仕組みになっています。

 

また工事ですが年に5、6件やるまちの電気屋さんと年に100件以上やる専門工事屋とでは技術力に圧倒的な差があります。

屋根や壁をさわる工事なので雨漏りなんかしたら最悪ですよね。

綺麗に早くやってくれる方がいいです。

更に技術に自信があるから5年の工事保障がついています。

 

なので別に紹介したいからオススメにしているのではなく、冷静に中立な目で見てもこちらの方がいいのでオススメしています。

 

アンテナ工事の棟梁ドットコムで見積り依頼する手順

対応地域を確認する

ピンク色が無料で見積りできる地域、ブルーが一部有料の見積りとなる地域、白がお問い合わせ後確認の地域となっていますので自分の住んでいる地域がどれに当てはまるか確認しましょう。

 

アンテナの種類を選ぶ


※掲載している画像、値段は時期によって変更することがありますのでWebサイトで最新をご確認ください。

希望するアンテナの種類を選びましょう。

・八木式アンテナ

マスプロ電工 マスプロ 地上デジタルアンテナ 【20素子 普及型】 U206

 

 

 

昔からある、魚の骨のような形のアンテナです。

なんといっても値段が安いのがメリットです。

棟梁ドットコムの最安値で工事費込みで19,000円~です。

デメリットは風の影響を直接受けるので台風や強風で倒れたり向きが変わる可能性があります。

・デザインアンテナ

DXアンテナ 地上デジタル放送用平面アンテナ 水平偏波専用 強・中電界用 デジキャッチフラット810 オフホワイト UAH810P

デザインアンテナは壁面に取付けるアンテナです。

従来の八木式アンテナはいかにも『アンテナついてます』って主張が強かったのに対し、デザインアンテナはさりげなくついているので家全体の美観を損ないません。

壁面取付けなので風の影響を受けにくく台風シーズンも八木式アンテナに比べ安心です。

 

デメリットは価格です。

八木式アンテナに比べ1万円ほど高くなります。

また、どこでも電波を拾える訳では無いので電波を拾える壁面の調査は必要になります。

高性能型は金額が高くなりますが天井裏などの屋内に取付けても電波の受信ができるので外にアンテナを取付けなくてもOKなタイプです。

通常のデザインアンテナが工事費込みで約25,000円~。

高性能型のデザインアンテナが工事費込みで30,400円~。

家の美観重視なら高性能型のデザインアンテナ、価格重視なら八木式アンテナを選べばいいでしょう。

まちの電気屋さんや家電量販店で見積りとると4,5万すると思います。

BSアンテナ、CSアンテナは設置する?

BS・CSアンテナを付けると地上波放送以外の衛星放送を見ることができます。

検討しているか、検討していないかチェックをいれましょう。

下の写真のようなアンテナをつければBS放送もCS放送もみることができます。

DXアンテナ 45cm形BS・110度CSアンテナ BC45Aこんなやつです。見たことありますよね。

 

BS・CS放送は無料放送だけでも結構見ることができるチャンネルがあります。

BSだけでもこれだけ無料チャンネルがあります。

NHK BS

日テレBS

朝日BS

TBS BS

フジBS

BSジャパン

BS11

放送大学

無料放送だけでもこれだけあるのですが、有料放送となると数えきれないくらいあります。

映画、プロ野球、メジャーリーグ、サッカー、音楽、海外ドラマ、韓国ドラマ、国内ドラマ、アニメなどなど。

料金は月々数百円から2500円くらいです。

興味のある方はスカパー公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

インターネットはどうするか

インターネット回線と同時申込みをすると1万円のキャッシュバックがもらえますがどうしますか?といった内容です。

既に光回線などインターネット契約しているなら「興味はない」でいいと思います。

1万円キャッシュバックって魅力に聞こえますがインターネットプロバイダから申込みするともっと高額なキャッシュバックがありますので僕はあえてここで申し込まなくてもいいように思います。

 

あとは必要事項をチェックして記入

該当する項目にチェックマークを入れ、必要事項を記入して完了です。

お申し込みや無料見積りはこちらからできます。

アンテナ工事の棟梁ドットコム公式サイト

-リフォーム

Copyright© 家計破産防止.com , 2019 All Rights Reserved.