電気料金

買取期間が終了した太陽光はどうなるの?損しないためにやるべきこと

更新日:

そういえば、今うちにつけている太陽光がそろそろ10年になるんだけど、確か太陽光の買取期間って10年だったような・・
そうだね。10kW未満の住宅用太陽光の買取期間は10年間だね
10年経ったらどうなるのかなぁ。まさか買い取ってもらえなくなるんじゃ?

2009年に始まった、余った電気を買い取ってくれる制度(余剰電力買取制度)ですが、10年間の買取期間が終わろうとしている住宅用太陽光が増えてきます。

当初48円の買取価格だったのですが、10年経過後はいったいいくらになるのか気になりますよね。

経済産業省の資料を見ると、10円ちょっとという噂もあります。

40円代から10円代になると太陽光つけてるメリットあるの?って思ってしまいますが、実際のところどうなんでしょうか?

 

2019年、買取期間が終了したらこうなる!

今一度、我が家の太陽光発電を設置した時期と買取価格を確認してみましょう。

年度 買取価格
2009年度 48円
2010年度 48円
2011年度 42円
2012年度 42円
2013年度 38円
2014年度 37円
2015年度 35円
2016年度 33円
2017年度 30円
2018年度 28円

※住宅用太陽光の1kWhの買取単価(出力抑制なし、ダブル発電なし)

 

グラフにするとこんな感じ。あなたの家はどれ?

48円時代の2009年に太陽光発電を設置した人は2019年に10年間の買取期間が終わります。

 

実はこの買取制度自体、太陽光などの再生可能エネルギーを普及させるための国の政策であって、電力会社に対して「決まった期間発電した電気を買取なさい」と義務付けていた法律なのです。

裏をかえせば、期間が過ぎれば電力会社は電気を買い取る義務はないので、別に買い取らなくてもよくなる訳ですね。

えっ!?やっぱりゼロになるの?
電力会社が、『太陽光で発電した電気は不要。』と言えば買取りはなくなるけど、流石にそれはなさそう。

 

とはいえ、買取義務がなくなるので、発電した電気の売買をどう扱うかは電力会社が自由に決めることになります。

極端なことをいえば、買取を拒否すると言い出す可能性もあるのは事実です。

ですが、そんなこと言いだすと国内に混乱を招きますし、再エネの普及がストップしてしまいます。

電力会社はしぶしぶ買い取ってくれるでしょうが、今よりも安い価格になることは間違いありません。

その価格がおよそ11円/kWhといわれています。


出典:経済産業省 調達価格等算定委員会

あくまで決めるのは国じゃなくて電力会社ですけどね。

6円/kWhとの噂(うわさ)もあれば14円/kWhとの噂もあります。

 

仮に、買取価格が48円の太陽光が10年経過して11円になったらいくらぐらいになるんでしょうか?

次のようなモデルケースで見てみましょう。

太陽光パネル:4kW

年間発電量:4000kWh

自家消費:20%

売電:80%

発電した4000kWhのうち、20%の800kWhが家の電気に使われ、残りの80%の3200kWhを電力会社に売ったとします。

売電だけを考えると、3200×48円=153,600円になります。

これが仮に11円になると、3200×11円=35,200円。

ずんぶん寂しくなりますね。月平均1万円を超えていたのが月3000円弱になってしまいます。

イメージしやすいようにするとこんな感じかな

ありゃ~

 

放っておいたら損する!買取期間終了ですべきことは

買取り価格が下がってしまうのは仕方ないとしても、なんとか発電した電気をうまく使う方法はないのかな?
やるべきことはこの2つだよ

・電気を売らずに貯めて家の中で使う

・発電した電気を高い付加価値で買ってくれる電力会社に切替える

この2つを実行することで、高い単価での買取り期間が終わった太陽光も有効に使えるんです。

詳しくみていきましょう!

 

電気を売らずに貯めて家の中で使う

売る電気代が11円なのに対し、電力会社から買う電気代はいくらなのでしょうか?

買う電気代は、地域、時間帯料金、使った電気量で料金が変わる従量電灯制などでややこしくなっていて、一概に○円といいにくいのですが国が試算する電気料金は24円/kWhとなっています。

今までは売る電気代のほうが買う電気代より高いため、発電した電気はよりたくさん売ったほうがおトクでした。

それが、買う電気代が売る電気代を追い越して、発電した電気は売るよりも、家の中で使って電力会社から電気を買わないほうがおトクになるんです。

 

売る電気代>買う電気代のときは、家の中で使うよりもどんどん売ったほうがトク。

売る電気代<買う電気代のときは、売るよりも家の中で使ったほうがトクなんです。

 

ところが、太陽光発電は太陽のでている昼間の時間しか発電しません。

夫婦共働きで子どもが学校にいっている家庭だと、昼間に電気を使うことがほとんどありません。

発電した電気は余ってしまうため売るしかありません。

そして太陽が沈んだころにみんなが帰ってきて電気を使い始めるので、電気を安く売って高く買うことになってしまいます。

なんだかもったいないですよね。

 

それを解決してくれるのが蓄電池です。

蓄電池は発電した電気を売らずに貯めておくことができます。

そして、電気を使うときには優先的に蓄電池で貯めた電気を使い、なるべく電力会社から電気を買わないようにすることができるのです。

電気を安売りせずに貯めておき、高い電気を極力買わないようにするのが蓄電池の役割といえます。

 

メリットの大きい新電力に切り替える

もう一つの方法は、発電した電気を『高い付加価値』をつけて買ってくれる電力会社に切り替えることです。

『高い付加価値』を分かりやすく言えば、太陽光の電気を売るのにあたり、

・他の電力会社より高く買ってくれる

・電気代を割り引いてくれる

・ガスやインターネットなど他のサービスを割り引いてくれる

このようなプラスアルファがつくことです。

 

10年間の買取期間が過ぎれば電力会社は自由に買取価格を決めれるようになります。

自由に決められるので、ものすごく安い金額になりそうに思います。

しかし、今は電力会社が選べるようになりました。電気を買うところも売るところも選べるのです。

発電した電気を安い価格でしか買ってくれない電力会社よりも、少しでも高い価格で買ってくれる電力会社のほうがいいですよね。現時点で具体的な金額を発表している電力会社はないですが、新電力を含めさまざまなサービスが登場しそうです。

よりメリットの大きい電力会社に選びなおすことが得策なので、今まで以上に電力会社選びが活発になってくるでしょう。

 

さすがLooopでんき!でんち割とソーラー割で問題解決

買取り期間終了後の対応策は、蓄電池とより良いサービスの電力会社への切替えです。

この2つを解決してくれるのがLooop(るーぷ)でんきです。

Looopでんきはかねてからたぬきくんが注目していましたが、買取り期間終了後の課題もばっちり解決してくれそうです。

 

たぬきくんが新電力を調査した結果、Looopでんきがおすすめだった記事はこちらです。
電力自由化で電気代が安くなる!新電力はどこがいい?

 

蓄電池が他社より安い!

まず、蓄電池が安い。

下の図の通り、他社と比べて圧倒的に安いです。

他の国内製品に比べ1/2~1/3程度の価格で買えるのは魅力的です。

LooopはAI(人工知能)を使って充電、放電を行う蓄電システムを開発し全国1000件の住宅で実証実験をした結果、最も効率よくムダのない動きで、蓄電池をコンパクトかつ安価で提供できるようになりました。

 

更にうれしいのが、Looopの蓄電池を設置した家庭では、電気料金が1kWhあたり3円も安くなるというのです。

買う電気が24円/kWhだとしたらー3円の21円になります。これは一般家庭で年間18000円程度電気代が安くなる計算です。

 

Looopに電気を売ると支払う電気代が安くなる

Looopに発電した電気を売ることによって、電気代が1kWhあたり1円安くなります。

先ほど紹介した蓄電池の割引と併用できるので、併せて4円/kWhも安くなります。(年間24000円程度)

売る電気代が安くなっても、買う電気代を大きく値下げしてくれるのでうれしいですよね。


※年間使用電力量6000kWhで試算、金額は目安です。

 

ソーラー割はいいサービスだよね。申し込むのにお金はいらないし、節約になるんだからどんどんやろう。リスクゼロでリターンしかない。むしろやらなほうが損。
言い切るねぇ
色々調べつくした結果だから自信もって言えます。

 

まとめ

以上、太陽光発電の買取り期間が終了した後、どうするべきかの記事でした。

買取り価格は大幅に下がることが予想され、これからは電気を売るよりも貯めて使ってしまうのがベストな選択になります。

更に、発電した電気をメリットをつけて買い取ってくれる電力会社に切り替えることによって、買取り価格が下がった後でもウマウマな状態を続けることができます。資金に余裕があるのなら、蓄電池をつければ尚よしです。

世の中は行動をした人だけがトクをします。何もせずにそのままにしておくのは勿体ないですよ!

-電気料金

Copyright© 家計破産防止.com , 2019 All Rights Reserved.