家計破産防止.com

貯金なしから貯金300万円を達成させるサイト

節約術

パケット定額が高い!高すぎる!!節約しながらデータ通信を使いまくる方法

更新日:

この記事の節約度は★★★★☆です。

実行すると年間3万円の節約になります。

この記事のやりやすさは★★★★☆だよ。

格安SIMと組み合わせせると最強かも・・・

パケット代が高い!データ通信料がすぐなくなる!

パケット代が高いしデータ通信料がすぐ上限を超えて速度制限がかかってしまう。

ドコモ、au、ソフトバンクを使っているスマホユーザーの大きな悩みですよね。

ちょっと動画を見ようものならあっという間に減っていきます。

スマホゲームは特に減りが早くて困っちゃう。

 

ケチケチ節約しながら使っていたとしても、月の終わり頃になると速度制限にひっかかって、ネットを見るのにも速度が遅くてイライラします。

かといって、お金を出して追加でギガ(パケット)を買うのも抵抗ありますよね。

 

そもそも冒頭紹介した大手3キャリアのパケット代って高すぎるんですよね。

下の表を見てください。

パケットパック種類 データ容量 月額利用料
データSパック 2GB 3,500円
データMパック 5GB 5,000円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

この表はドコモのパケット料金プランです。

auもソフトバンクも同じような料金プランになっています。

わぁ高いなー・・。月々ウン千円って・・

 

更にこの料金体系って、あたかも20GB選択するように設定されてるように感じるのは僕だけでしょうか?

5GBのときは1GBあたり1,000円(5000円/5GB)なのに対し、20GBになると1GBあたり300円(6000円/20GB)になっちゃいます。

2GBだと動画やゲームをしなくてもLINEやメール、アプリや端末のアップデートだけで月末にはなくなっちゃうレベル。

なので5GBにしようかなと思いきや、あと千円だせば一気に20GBになる。

ってことで6,000円払って20GBにする人が多いんだと思います。

松、竹、梅で竹を買わせるやり方ですよね。

月々6,000円ってけっこう大きな額だよね

データ通信量はいくらあってもいい

お金のことを考えなければデータ通信量はいくらあってもいいですよね。

スマホヘビーユーザーは30GBも使いきっちゃう人もいるでしょう。

それもそのはず、年々スマホでできることは増えていって利便性が高くなっています。

・Youtubeやネットテレビ、音楽の視聴

・ネットショッピングやゲームアプリ

・写真や動画撮影

・データの送信、共有

・端末やアプリのインストール、アップデート

・電子書籍

・GPSを使った地図アプリ、ナビゲーション

・テザリング

などなど。

使いだしたらきりがないほど便利になってきています。

これらはどれもデータ通信あってのことなので、仮にデータ通信の制約で使えなくなってしまったら不便になってしまいます。

WiFiならデータ通信料無制限にできる

けっこう前から今説明したことを気にしていて、なんかいいの無いかな~って探していたんですよね。

この問題を解決するのがWiFiルーターです。

WiFiルーターにはデータ通信量が無制限で使いたい放題、料金も決まった金額だけで済むものがあるんです。

しかも大手キャリアのパケット料金より安い!

WiFiの料金とサービス体系

結論から言うと、データ通信料が無制限、料金も定額でパケットをたくさん使う人には夢のようなサービスを使いたいならWiMAXを選びましょう。

WiFiルーターを提供している代表的なのは、

・ドコモ

・au

・ソフトバンク

・UQ WiMAX

・Y!mobile 

ですが、ドコモ、ソフトバンクはデータ通信量が無制限ではありません。

無制限プランで無い場合、速度制限を受けると128kbpsとスマホとして使い物にならないくらい遅くなります。

しかも両社ともWiFiのデータ通信はスマホと共用なのでデータパック加入しなければならず通信料金がめちゃ高くなる・・・。(ホームページでわかりにくい)

モバイルWiFi利用料金比較
サービス提供者 データ容量 月額利用料金
ドコモ 最大30GB 8,000円+1,900円
au 7GB 3,696円
無制限 4,380円
ソフトバンク 最大30GB 8000円+1,900円
UQ WiMAX 7GB 3,696円
無制限 4,380円
Y!mobile 7GB 3,696円
無制限(アドバンスモード) 4,380円

Yモバイルの無制限プランはアドバンスモードという通信方式のときだけで、アドバンスモード対応エリア以外では使用できません。(Y!モバイルよくある質問

4380円のプランでも標準モード使用時は7GBの制限がかかります。

これらをふまえ、総合的に判断すると料金とサービス体系が同じau、UQWiMAXの中から選ぶのがベターです。

auとUQの違いは何なんだろう?

auとUQ WiMAXの料金

では、auとUQ WiMAXは何が違うの?と言ったら実は違いはありません。

提供サービスは両社とも同じなんです。

価格も一緒、サービスも一緒なら何が選ぶ基準になるかというと割引サービスです。

auの割引

au携帯とWiFiルーターをセットで使うと、auスマートバリューmineの割引対象になります。

携帯料金が最大で月1,000円割引になります。

詳細はau スマートバリューmineから。

UQ WiMAXの割引

UQ WIMAXはau系列のサービスなので先ほどauのところで説明したauスマートバリューmineの割引を受けることができます。

3年契約のギガ放題プランに新規で申し込むと、4,380円が最大3か月3,696円に割引になります。

プラスLTE利用料が無料になるので田舎や山奥でWiMAXエリア外でもLTEが繋がっていればデータ通信ができます。

なのでauユーザーはauのWiFiルーターを使うよりUQWiMAXを利用したほうが得ですね。

更にお得なプロバイダ割引

WiMAXは更にお得なプロバイダ割引というのがあります。

ここでいうプロバイダとは代理店みたいな意味です。

インターネットで販売することに特化しているので事務経費や広告料が抑えれる分、サービスの提供料金を下げています。

割引が多く月額料金がグッと安くなるプロバイダ2社を紹介しておきます。

・GMO とくとくBB

料金体系がちょっと複雑ですが本家UQよりかなり安い料金で利用できます。

データ通信無制限のプランで、1か月目、2か月目が月額2,590円

3か月目~24か月目まで月額3,344円です。めっちゃ安いですよね。

2年間の総額は78,748円です。

こんなに安くてもauスマートバリューmineも適用できます。

とどめに2万円相当の端末代金は0円。タダです。
【GMO とくとくBB WIMAX】

・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

こちらも料金体系は2段階になっています。

3か月目まで月額2,726円。それ以降は月額3,411円になります。

2年間の総額は79,809円です。

こちらもauスマートバリュー対応、端末無料のサービス付きです。
【Broad WiMAX】

プロバイダ料金比較
プロバイダ/プラン 月額料金 2年総額
UQ WiMAX/データ無制限、3年契約 4380円(1~3か月目3,696円) 103,068円
GMO とくとくBB/データ無制限 2年契約 3,344円(1~2か月目2,590円) 78,748円
Broad Wimax/データ無制限 2年契約 3,411円(1~3か月目2,726円) 79,809円

どう選べばいいかというと、金額だけで言えばGMOです。

あとは好みです。

本家が好きとかサイトの雰囲気が好きとか。

提供サービス自体は変わりません。

気になる方は各サイトをのぞいてみましょう。

GMO とくとくBB WiMAX
とくとくBB WiMAX2+

Broad WiMAX(ブロードワイマックス
Broad wimax

他にもプロバイダは色々あるけど圧倒的に安いのはGMOなんだ。

 

WiMAXのメリット

と、ここまでにどの会社のWiFiルーターがいいかを説明してきました。

WiMAX系のモバイルルーターがいいとわかったとこで、スマホのパケットよりWiFiを使うことのメリット、デメリットをおさらいしてみましょう。

パケットが無制限に使い放題

なんといってもデータ通信が使い放題なのが最大のメリット。

3日で10GBを超えると速度制限がかかってしまいますがそれさえ守ればデータ量を気にせず使えます。

今まで4年くらいWiMAXを使ってきましたがyoutube見まくっても3日で10GB超えることはなかったので、パケットの消耗の激しいアプリを相当使いこまない限り3日10GBはいかないと思います。

各キャリアの20GB、30GBを使っていても足りない。

5GBでは物足りない人はWiFiを検討する価値ありです。

どれだけ使っても定額料金

キャンペーン適用なら月額3,000円未満で無制限に使うことも可能です。

20GBに6,000円払うか、無制限に3,000円払うか?

足りなくなったら追加料金を払うか、定額で使いたい放題を選ぶか?

答えは簡単ですよね。

家族も使える

WiFiの便利なところは電波の届くところなら誰でも使えることです。

リビングに1台WiFiがあれば家族みんなが使えちゃいます。

みんなで使ったからって料金が増える訳ではありません。

自宅でWiFiを使えば家族のデータ通信量も節約できますね。

もちろんパスワードを知っている人だけなので公衆WiFiと違ってセキュリティ面は安全です。

 

WiMAXのデメリット

電源の入り切りが面倒

WiFiルーターは常時電源を入れている(通信状態)とバッテリーが減っていってしまいます。

使わないときはなるべく電源を切っておいたほうがいいでしょう。

ルーターの機種によりますが、電源OFFから通信可能状態になるまで10~30秒くらいの起動時間がかかります。

頻繁に入り切りする場合は慣れるまで結構面倒くさいです。

電波の弱いところでは使いにくい

WiMAX提供範囲以外の場所では電波が届かず使えません。

田舎の山奥でLTEは使えてもWiMAXが使えない、なんてこともあります。

自宅付近の電波が弱いとWiFiはとても不便ですので事前にエリア確認しておきましょう。

UQ WiMAXサービスエリア

 

WiMAX運用の成功事例

具体的にどういう使い方でお得に使えるのか、成功事例を紹介します。

Aさんの事例

利用状況

・仕事や外出先でインターネットをよく使う。

・空いた時間に動画サイトをよく見る。

・夜間や休日はゲームアプリをする。

Before

データ容量20GB 月々6,000円

通話プランを合わせた月額料金 9,000円

after

データ容量0 (パケット契約なし、インターネット契約300円も解約)

WiMAX通信料(無制限) 月々3,344円

通話プランを合わせた月額料金 6,044円

 

Aさんは外回りの仕事をしていてナビアプリを良く使います。

空いた時間は情報収集のためインターネットで検索、閲覧したり動画サイトをよくみています。

仕事が終わって自宅に帰ってからもスマートフォンでゲームをしたりネットをみたりしています。

そんなAさんのデータ通信量は1日1GB~は使うので毎月残り1週間になるとデータ容量を超えてしまい速度制限で不便な思いをしていました。

 

そこで、教えてもらったWiFiを試してみると、3日間10GBだけを気にしていればほぼ使いたい放題。

Aさんの使い方で3日間10GBを超えることはないのでストレスフリーでデータ通信ができるようになりました。

しかも今まで月々9,000円も払っていた携帯料金が6000円に。

節約もできて使い放題のWiFi運用に料金もサービスも大満足のAさんです。

ドコモのspモードの外し方なんかはこの記事が役立つかも
ドコモで携帯料金1000円代を実現する方法

お金がないのに携帯台に1万使うやつはバカ ijmaki / Pixabay 「今月お金ないんだぁ~」 って親戚が言っていたので携帯料金を聞いてみたら1万円超えていました。   1万払ってなに ...

まとめと結論

パケット代が高いと悩んでいた人の解決法は、WiFiで賢く節約しながら使いたい放題を楽しむ、でした。

WiFiルーターはWiMAX系が料金が安くauスマートバリューをはじめお得な割引がたくさんついています。

中でもGMO とくとくBBは業界最安値のプロバイダなので、これからWiMAXを検討するかたにはぜひともおススメします。
GMO とくとくBBWiMAX公式サイト

おススメのポケットWi-Fiはこちらです!
ポケットWi-Fiおすすめ

-節約術

Copyright© 家計破産防止.com , 2020 All Rights Reserved.