携帯・通信

ドコモからライン(LINE)モバイルへ!評判やデメリットを検証した上で乗り換えてみた

更新日:

たぬきくん
この記事の節約度は★★★★★だよ。

ドコモからLINEの乗り換えで年間8万円以上節約できる可能性があるよ!

この記事のやりやすさは★★★★☆だよ。

MNPが少し面倒なだけであとは簡単にできるよ

パンダさん

ドコモからラインモバイルへ乗り換え

この度、長年使ってきたドコモからLINEモバイルへ乗り換えてきました。

スマホのインターネットはwifi運用していてドコモに払う料金としては1000円台を実現していたのですが、やっぱりいちいちwifiの電源入れたり、常時LINEがつながらない不便さに嫌気がさして乗り換えを決意しました。

(こちらでドコモで携帯料金1000円代を実現する方法を紹介しています)

LINEが使えないと仕事も遊びも差し支えますね。

 

もともと携帯料金1000円台で運用してきたので、乗り換えるにしても1000円台。出しても2000円台をめざしたいところ。

ドコモwithなど料金を抑えるプラン(2017年9月現在)もあったのですが最安でも5000円以上はしてしまいます。

僕としてはスマホに5000円も払いすぎだと思ってるので、『もっと安くていいのないかなー』と探していたときにLINEモバイルに目がとまりました。

 

色々検証したところ、料金も安いし使い勝手がよさそうなんです。

料金も希望どおりの1000円台LINEアプリやTwitterなどのSNSが無料で出来るとのこと。

 

LINEモバイルの評判やデメリットもいろいろ調べてみたので乗り換えを検討している方は続きを読んでみてください。

携帯料金を1000円にしていたドコモ+WiFi運用の不満と不便

WiFi運用の不便

外出先でネットにつなぐことが多かったのでWiFiが便利だったんですよ。

Wimax系は3日間10GBの縛りだけ気にしていれば残りのパケットも気にしなくていいので動画もネットも見放題だったんですよね。

電源の入り切りとスマホとWiFiの2台持ちが不便でしたが、月末になって『ネットが見れない~』って言ってる人の方がよっぽど不便だろうなと思ってました。

ただ、仕事上LINEを使いたい機会が増えてきて常時インターネット通信が必要になってきました。

WiFiだとルーターの電源入れてるときしか使えませんからね・・。

ドコモユーザーの不満

ドコモユーザーだった僕の一個人としての意見をズバズバ言っときます。

料金が高い

一番は料金でしょうね。

ドコモの料金の最安値は、カケホーダイライト+2GBまでのパケットパック+spモードで5500円。

子回線の分はシンプルプランが使えるのでもう少し安くなります。

ドコモwith適用で-1500円ですが指定機種を購入する必要があるので2年間は±0円くらい。

最大限に頑張って5500円くらいです。

出典:NTTdocomo 基本的な料金構成

 

auのピタッとプランなら1年間1980円~、1年以降2980円~(1GBまで)なので料金メリットはauのほうが断然上ですね。(2017年9月時点)

窓口対応の悪さ

これは店舗によりますが、今までいくつか携帯ショップを訪ねましたがあまり対応が良いとは思えないんですね。

口コミでも「対応が悪い」との評判が多いのででそう感じている人も少なくないと思います。

携帯ショップの受付が派遣社員かバイトの方だからでしょうかね。

対お客さんと直接接する仕事はその会社の顔ですからね。店舗の評判が悪いとその会社の評判も落ちると思います。

僕はオンラインショップばかり使ってました。

たぬきくん
ディズニーランドみたいな感動を与えてくれる接客ならドコモを使い続けたかもしれないけど・・。

 

LINEモバイルのメリット・デメリットから申込み方法まで

LINEモバイルに期待したもの

で、何に期待してLINEモバイルに乗り換えようと思ったかというと、

・月々の料金が安い(1000円台希望)

・常時インターネット通信につながっている

・検索やネット閲覧などがある程度できる

・音声通話ができる

1000円台のハードルが高いかなと思って探していたんですけど、探したら意外にあるもんですね。

いわゆる格安SIMってやつです。

格安SIMって?

格安SIMって最近よく聞くけどイマイチわからないって人が多いと思います。

簡単に言うと、格安SIMとは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べて安い料金で電話やインターネットなどの通信サービスを提供するキャリアのことです。

 

どんな携帯電話の中にもSIMカードが入っています。

SIMカードには電話番号やデータ通信量などの情報が記憶されていて、その情報を元に通話料やパケット量の請求がされる仕組みになっています。

このSIMカードを入れ替えることで格安SIMを利用することができます。

LINEモバイルのメリット

カウントフリー

LINEモバイルにはカウントフリーというサービスがついていて、選択するプランによってLINEを含むSNSを利用した通信量がカウントされません。

データ容量を使いきってしまっても速度制限で遅くなることなくLINEやSNSを使うことが出来ます

例えば、コミニュケーションフリープランならLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムがカウントフリーなので通信速度を気にせずに使うことができます。

出典:LINEモバイル コミュニケーションフリープラン

料金が安くてネットも使える

希望していた1000円代で音声通話もデータ通信もできます。

料金プランについては後で詳しく説明しますが、コミュニケーションフリープランの3GBのデータ通信と音声通話つきで月額1690円です。

LINEやツイッターなどのSNSはカウントフリーで使いたい放題なので、インターネットも普通にできます。

自宅にネット回線があれば自宅はWiFiで使えますから不便ないですね。

 

LINEアプリしかしないなら月額500円(1GBまで)で使用できます。

データ容量1GBを使いきってもLINEの速度制限はかかりませんのでLINEし放題です。

もちろんLINEトークもカウントフリーなので音声通話なしでも携帯として使えます。

ドコモ端末がそのまま使える

ドコモ端末から乗り換える場合、新たに機種を買わなくても使えます。

対象機種一覧

ドコモ端末から乗り換える場合は、今もっている携帯本体のSIMカードのサイズを確認しておきましょう。

たぬきくん
SIMカードにはナノ、マイクロ、標準とサイズがあるから対象機種一覧で事前に確認しておくといいよ

もちろんiPhoneやSIMフリー端末を使うこともできますし、LINEモバイルでスマホ本体を購入することもできます。

通信品質が安定

格安SIMで心配なのは通話品質やデータ通信の安定さです。

LINEモバイルはドコモの通信回線を利用しているので品質が安定しているといえます。

多くの格安SIMは昼間の通信が混み合う時間帯に通信速度が遅くなってしまうのですが、LINEモバイルはスマホを使うのに充分な速度で利用できます。

LINEモバイルのデメリット・問題点

とメリットをあげてきましたが、いいことばかりではありません。

こんなはずじゃなかったと思いたくないので予めデメリットや問題点を調べてみました。

サービスタイプの変更の制約

LINEモバイルのサービスタイプにはデータ通信だけを行うタイプとデータ通信+音声通話ができるタイプがあります。

それぞれSIMカードが違うため、データSIMから音声SIMへ、音声SIMからデータSIMへの変更ができません。

変更しようとする場合は再度契約をし直す必要があるようです。

LINEフリープランからコミュニケーションフリープランなど、プランの変更は可能です。

カケホーダイがない

電話をたくさんする人には最大のデメリットかもしれません。

音声通話は30秒20円かかります。

LINEアプリのトーク機能はもちろん無料でデータカウントされないのでそこはいいのですが、相手もLINEユーザーでないといけません。

ただ、これを解決してくれる方法を既にLINEモバイルが手をうっていました。

それが「いつでも電話」アプリと「10分電話かけ放題オプション」

 

まず「いつでも電話」アプリを使うと通常30秒20円の通話料金が30秒10円に。

半額ですね、使わない手はありません。

「10分電話かけ放題オプション」は月額880円かかるのですが、10分以内の通話なら誰と何回でも通話しても無料です。

たぬきくん
毎日よく電話する人にはうれしいサービスだね。

キャリアメールが使えない

@docomo.ne.jpといったキャリアメールが使えませんのでGmailやyahooメールなどのフリーメールを持っておいたほうがいいです。

格安SIMはどれもキャリアメールがないですし、違うキャリアに乗り換えるたびにメールアドレスが変わるのでもしキャリアメールを使っているなら今のうちにフリーメールに切替えておいたほうがいいですね。

解約料がかかる

音声通話SIMの場合、1年間の最低利用期間があります。

1年未満で解約すると解約手数料で9800円かかります。

LINEモバイルだけじゃないですけどね。



ドコモから乗り換える。MNP予約番号をとるまで

ドコモのトップページ右上の『My docomo 手続き・申込み・料金の確認』からドコモオンライン手続きの『ご契約内容確認・変更』へいきます。

3ページ目の一番下の方に携帯電話番号ポータビリティ予約という欄があるので申込みをクリック。

画像は既に予約してあるので『予約解除』になっていますが本来ならここが『申込み』になっています。

すると、ドコモさんから

『こんな安いプランもありますよ』

『本当にいいんですか?』

みたいなことを確認する画面になります。

なごり惜しいですが解約の方向で進めます。

 

まれに『お願い辞めないで、こんなにポイントあげるから!』

と5000P~15000Pもらえるケースもあるようです。

なんだかアレですね・・・。

修羅場の別れ際みたいです。

 

それでも解約すると『じゃあこんだけ解約手数料払えや』的な感じで、MNP転出手数料2000円と解約手数料9500円かかります画面になります。

解約手数料は契約2年毎にある更新月の場合は不要ですが、それ以外の場合は9500円取られてしまいます。

2年、4年、6年ってタイミングなので2年以上使っていても解約手数料は取られます。

たぬきくん
この『2年縛り』は総務省も厳しく指導してるけどなかなか改善されないね・・・

 

これでようやくMNPの手続きが済みMNP予約番号というのが発行されるので控えておきます。

 

LINEモバイルへ申し込む

2017年11月7日までのキャンペーン

1周年記念として11月7日まで下のどちらかを手に入れるキャンペーンをしています。

lineモバイル公式ブログ 1周年記念!選べるキャンペーン

1.最大4000クレジット LINE STOREコース

LINEのゲームやLINEスタンプをよく購入する方にオススメ!

 

2.最大2000ポイント LINEポイントコース

Amazonギフト券やnanacoポイントに交換できるポイントが欲しいかたにオススメ!

 

プレゼントをもらうには、後で説明する申込画面でキャンペーンコードを入力し、音声通話SIMを選択することが条件になっています。

プレゼントについての詳細やキャンペーンコードはこちらで確認できます。

lineモバイル公式ブログ 1周年記念!選べるキャンペーン

プレゼントがもらえるキャンペーン期間は11月7日までです。

 

LINEモバイル公式サイトで申し込む

料金プランを選ぶ

LINEモバイルには下の3つのプランがあります。

・LINEフリープラン

・コミュニケーションフリープラン

・MUSIC+プラン

LINEモバイル プラン一覧からも確認できます。

 

・LINEフリープラン
容量 サービスタイプ 月額基本利用料
1GB データ 500円
データ+SMS 620円
データ+SMS+音声通話 1200円

カウントフリー対象:

LINEアプリの通話・トークが使い放題なプランです。

 

今使っている電話番号をそのまま移行(MNP)したいなら+音声通話を選びましょう。

 

・コミュニケーションフリープラン
容量 データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

※金額は月額基本利用料です。

カウントフリー対象:

LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムが使い放題なプランです。

データ容量ごとに料金が異なります。

LINEやSNSが使い放題なので家にネット回線がひいてあれば3GBで十分かと。

外でもガッツリ動画やネットを見たい人は10GB欲しいですね。

 

・MUSIC+プラン
容量 データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

※金額は月額基本料金です。

カウントフリー対象:

コミュニケーションフリープランに加え、LINE MUSICがカウントフリーになるプランです。

SNSに加えて、大好きな音楽も楽しみたいって人にはオススメのプランです。

たぬきくん
10GBのフル装備でもドコモより月額料金が安いんだね

けっこう大手キャリアで高い料金を払っているのがバカらしくなります・・。

申し込む

LINEモバイル 公式サイト】

 

たぬきくん
申込サイトによっては月額基本料金が1200円~になってるけど実際は3つのプランから選べるよ

『申し込む』ボタンをクリックして確認画面にいきますが、申込み前にこれだけそろえておきましょう。

・本人確認書類運転免許証、健康保険証、住民基本台帳、マイナンバーなど。

・クレジットカード
デビットカードは利用できません。

・メールアドレス
乗り換えの場合はキャリアメールが使えなくなるのでその他のアドレスを用意します。

・MNP予約番号
さきほど取った予約番号です。

これだけ準備しておけばスムーズに申込みがすすみます。

 

申込み手順は以下の通りです。

STEP1.プランの選択
STEP2.情報入力
STEP3.本人確認
STEP4.支払い方法選択
STEP5.ログインID、パスワード設定

以上で申込み完了です。

登録メールにお申し込み完了のメールが送られてきます。

たぬきくん
やること自体は簡単で5分くらいで申込みできたよ

 

続きはLINEモバイル申込みから開通まで【MNP編】で!

LINEモバイル申込みから開通まで【MNP編】

申込み完了からSIMカード到着まで ※この記事はドコモからLINEモバイルへMNP(番号そのまま)で転入した方へ向けて書いてます。 申込み完了の翌日に商品(SIMカード)発送のお知らせメールがきました ...

 

-携帯・通信

Copyright© 家計破産防止.com , 2019 All Rights Reserved.