携帯・通信

携帯代を下げたい人には格安SIM。おすすめの格安SIMを比較。

投稿日:2017年9月23日 更新日:

たぬきくん
この記事の節約度は★★★★☆です。

この記事の内容を実行すると年間7~8万円の節約になります。

この記事のやりやすさは★★★★☆だよ。

ドコモ(docomo)、au、ソフトバンク(softbank)を使っている人はぜひ試してみて!

ぶたさん

格安SIMとは?格安SIMって何?

最近よく「格安SIM」って聞くけど何のことなの?
ぶたさん
たぬきくん
まず「SIMカード」について説明するね。

SIMカードは携帯電話やスマホに装着されていて通話やデータ通信をするために必要なものなんだ。

これがSIMカード。

スマホの中に入ってたような気がする・・・。
ぶたさん
たぬきくん
「格安SIM」っていうのはCMで有名なY!モバイルやUQモバイルなんかのMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる通信業者が提供しているSIMカードのことだよ。

MVNOは自社で通信設備を持た無い分、余分なコストがかからずドコモ(docomo)、au、ソフトバンク(softbank)に比べて安く通話、データ通信のサービスが提供ができるんだ。

格安SIMのデメリット

自分の会社で通信設備を持たないってことは電話やインターネットがつながりにくくなったりしないのかな?
ぶたさん
たぬきくん
自社で設備を持たないってことは大手の通信会社から借りてくるってことなんだ。

例えばLINE(ライン)モバイルはドコモの回線、UQモバイルはauの回線、Y!モバイルはソフトバンクの回線を借りてサービスの提供をしているんだ。

なので場合によっては繋がりにくいこともあるかもしれないね。

格安SIMのメリット

格安っていうくらいだから相当安いんだよね?
ぶたさん
たぬきくん
料金の安さが格安SIMの最大の魅力だよ。

月額料金が1000円代で電話もデータ通信もできるんだ。

えっ!?僕なんか月々8000円も払ってるのに!
ぶたさん
たぬきくん
中には月額500円以下でサービス提供しているところもあるよ。
あんまり安いと繋がりにくいんじゃないの・・・?
ぶたさん
たぬきくん
実際使ってみたけど、今のところ電話が切れるとか聞こえずらいとか通信が遅いとか感じたことはないね。

元が大手の通信設備を使っているからね。そんなに心配はないみたい。

 

おすすめ格安SIM(2017年9月時点)

mineo(マイネオ)

テレビコマーシャルで一躍有名になったmineo(マイネオ)は株式会社ケイオプティコムが運営するMVNOです。

ドコモとauの両方の回線を使用しているのでドコモユーザーだけでなくauユーザーから乗り換えるメリットが高いマルチキャリア対応のMVNOです。

公式サイト:mineo

mineoの特徴

mineoはドコモプランとauプランに分かれており、音声通話のできるデュアルタイプではauプランのほうが料金が安くなっています。オプションサービスもauプランのほうが安く運用できる料金体系になっています。

データ通信は、「mineoスイッチ」というデータ量を節約するアプリがあります。アプリをONにするとデータ通信速度が最大200kbpsに抑えデータ通信量を節約します。通信速度をあまり必要としないLINEやTwitter、FacebookなどのSNSならデータ消費を気にせずに使用できます。

mineoの料金プラン

mineo プラン データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
ディアルタイプ
(データ通信+音声通話)
ドコモプラン(Dプラン) 500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円
auプラン(aプラン) 500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

※料金は税別です。表は横へスライドできます。

有料のオプションもドコモプランとauプランで違います。SMSはauプランでは無料で利用できるのに対し、ドコモプランでは有料になっています。

プラン サービス 月額料金 内容
ドコモプラン
(Dプラン)
パケットチャージ(100MB) 150円 高速通信のデータ容量を増やす
SMS シングルタイプ 120円 ショートメールサービスの利用。音声通話付きのデュアルタイプの場合は無料
750円 LINEMUSICをお得に楽しめる
ドコモプラン、auプラン共通 5分かけ放題 850円 5分以内の国内通話がかけ放題。
通話定額30 840円 30分間の通話が定額でできる。
通話定額60 1,680円 60分間の通話が定額でできる。
留守番電話サービス 300円
ウイルスバスターモバイル 270円 端末のセキュリティー対策。
安心フィルタリング 350円 出会い系やアダルトサイトなどのアクセス制限と利用状況の確認。
メールウイルスチェックサービス 200円 メールが届く前にウイルスを検知・削除します(@mineo.jpのドメインメールが対象)
端末サポート 370円 mineo端末の水没・落下などのトラブルの負担を抑える。
持込端末安心保障サービス 500円 お手持ちの端末のトラブルに対応します。
保障可能な端末を確認する必要あり。

※料金は税別です。

今まで5分かけ放題だったのが2017年10月から10分かけ放題(月額850円)に変わります。

公式サイト:mineo

LINE(ライン)モバイル

LINEモバイルはあの「LINE」アプリで有名なLINE株式会社が運営するdocomo系列のMVNOです。

LINEアプリやTwitterやインスタグラムなどのSNSが使い放題になるカウントフリープランが独自のサービスで、SNSでコミュニケーションをとる人にはお得感満載です。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの大きな特徴は、各プランの対象サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーというサービスです。

たぬきくん
動画を観たりスマホゲームをやりすぎてデータ容量を超えちゃっても、LINEなどのSNSは遅くならずに高速で使えるんだ

LINEモバイルは、LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランを選択できます。

LINEフリープランはLINEアプリでの通話、トーク、画像・動画の送受信が使い放題のプランです。データ容量は1GBのみですが月額500円で使用でき、インターネットはLINEを使うことがほとんどという人には最強のプランです。

コミュニケーションフリープランは、LINEアプリに加え、Twitter、Facebook、インスタグラムが使い放題になるプランです。更にデータ容量が3GB、5GB、7GB、10GBから選ぶことができます。

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランにLINE MUSICもカウントフリーで使い放題のプランです。LINE MUSICのカウントフリー対象は、音楽音声の視聴、歌詞文章の閲覧、音源の保存、楽曲の検索です。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルプラン データ容量 月額料金
データ
月額料金
データ+SMS
月額料金
データ+SMS+音声通話
LINEフリープラン 1GB 500円 620円 1,200円
コミュニケーションフリープラン 3GB  ー 1,110円 1,690円
5GB  ー 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+プラン 3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

※料金は税別です。表は横へスライドできます。

音声通話は30秒20円ですが「いつでも電話」という電話アプリで電話を使うことで30秒10円で音声通話ができます。

また、もっと電話をしたい人や頻繁に電話(音声通話)をする人には「10分かけ放題」というオプションを利用することで10分以内の音声通話がだれとでもかけ放題で使えます。

SIM種別 サービス 月額料金 内容
全SIM対応 端末保障 450円 LINEモバイルで端末を購入した人の交換・修理代金を安価に抑える(1回目5000円、2回目8000円)
持込端末保障 500円 自分の端末を交換・修理代金を安価に抑える(1回目4000円、2回目8000円)
LINE MUSICオプション 750円 LINEMUSICをお得に楽しめる
音声通話SIM対応 10分電話かけ放題 880円 誰とでも何度でも10分以内の通話がかけ放題。「いつでも電話」アプリを使用。
留守番電話 300円
割込通話 200円
通話明細 100円

公式サイト:LINEモバイル

格安SIMへの乗り換え方

ぶたさん
どうやって格安SIMに乗り換えるの?
たぬきくん
乗り換え方を説明するね。

端末を選ぶ

新しく端末を購入する

MVNOは自社でスマートフォンを販売しています。これはSIMフリースマホと呼ばれSIMカードを入れ替えしても制限なく使えるスマホのことです。格安SIMと一緒にスマホも買い替えたいという人は新しく端末を購入しましょう。

たぬきくん
SIMフリースマホはネットショップやオークション、中古携帯ショップなどでも手に入るよ。

今使っている端末を使用する

今使っている端末を使って格安SIMを利用することができます。

MVNOの多くはdocomoの回線を借りて運営しているため、ドコモの端末を使っている人は選択できるMVNOが多くなります。

反対にau、ソフトバンクの利用者で端末をそのまま使いたい場合は選べるMVNOが限られます。

docomo(ドコモ)回線のおススメMVNO・格安SIM

・LINE(ライン)モバイル

・楽天モバイル

・mineo(マイネオ)

・IIJmio(みおふぉん)

・DMMモバイル

・BIGLOBE SIM(ビッグローブ)

au回線のおススメMVNO・格安SIM

・UQモバイル

・mineo(マイネオ)

・IIJmio(みおふぉん)

SoftBank(ソフトバンク)回線のおススメMVNO・格安SIM

・Y!mobile(ワイモバイル)

・u-mobile(ユーモバイル)s

・b-mobile(ビーモバイル)

たぬきくん
どの格安SIMも自分の使っている端末で動作確認ができているか公式サイトで確認しておいてね。

電話番号はそのままか、変更するか

今使っている電話番号をそのまま使っている人はMNP(ナンバーポータビリティ)の手続きをして、今使っているキャリアを解約する必要があります。

基本的には二年更新となっており、更新月以外の月でMNOを含む解約手続きを行うと解除料として9,500円(税別)の費用が発生します。

各キャリアのMNP解約時の費用

キャリア 契約解除料 MNP転出手数料
docomo(ドコモ) 9,500円 2,000円
au 9,500円 3,000円
SoftBank(ソフトバンク) 9,500円 3,000円

ただし、2年契約をしておいて二年未満で解約をする場合は別途費用が発生します。機種代金を払い終えていない場合も費用が発生します。

移転先でも契約事務手数料として3,000円がかかります。

MNP(番号そのまま)の手順

手順1.MNP予約番号をとる

docomo(ドコモ)の場合

予約番号は以下のどれかの方法でとることができます。

・ドコモショップへ来店

・電話する(ドコモからは151)

・パソコンでMy docomo→ログイン→ドコモオンライン手続き

auの場合

・auショップへ来店

・電話する

・EzウェブからMy au→申し込む/変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

SoftBank(ソフトバンク)の場合

・ソフトバンクショップへ来店

・電話する

・パソコンからMy SoftBank

手順2.移転先にMNPを伝え登録手続きする

移転先の申し込み時にMNP予約番号を伝えます。格安SIMはインターネットで申し込む場合が多いので登録画面に入力することになります。

たぬきくん
これで乗り換え方の説明は終わりだよ。

格安SIMを選ぶポイント

料金で選ぶ

ただでさえ安い格安SIMですが、その中でも様々な料金プランがあります。

電話をかける頻度やインターネットの利用頻度などの使い勝手に合わせた料金プランを見つけることでお得に運用することができます。

速度で選ぶ

格安SIMを提供するMVNOは、docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の回線を借りてサービスを提供しています。

そのため回線が混み合ってくると通信速度が遅くなることがあります。動画をよくみたりスマホゲームをよくする場合はデータ通信が増えますので通信速度は重要なポイントです。

キャンペーンで選ぶ

格安SIMを提供しているMVNOは期間限定のキャンペーンをやっていることがあります。

キャンペーン実施期間中に申し込むと、更にお得に利用できたり特典を受け取ることができるので格安SIMを選ぶ際のポイントになります。

キャンペーンの例

・キャッシュバック

・データ通信量をプレゼント

・端末代金の割引

・月額利用料の割引

・事務手数料の無料

ぶたさん
お得なキャンペーンがあれば狙っていきたいね。

-携帯・通信

Copyright© 家計破産防止.com , 2018 All Rights Reserved.