固定費削減 節約

脱貧乏!貧困から抜け出し這い上がる方法

投稿日:

お金がちっとも貯まらない。お金を貯めようとしてもお金が全然貯まらない。むしろ貯金が減っている。

こんな人はいませんか?

貧乏には特徴があります。

もし、次の項目から3つ以上あてはまる人は貧乏から抜け出せない可能性が高いです。

・ギャンブル癖がある

・借金、ローンがいくつかある

・ゲームにハマっている

・風俗が好き

・ペットを飼っている

・夜のつきあいが多い

当たり前のことも多いですが、なぜこれらの習慣がいけないのかを説明していますので、当てはまる方は読み進めてみてください。

後半には貧乏から脱出する解決策も紹介しています。

 

一生貧乏人が嫌ならやってはいけないこと

1.ギャンブル

ギャンブルは貧乏人の特徴です。

パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪などのギャンブルは必ず胴元(お店側)が勝つようになっています。

一度でも大勝ちすると中毒になって、ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り返そうとします。そしてますます貧乏になります。

宝くじや「ロト」、「toto」に何万円もツッコむ人がいますが、これらも一種のギャンブルといえるでしょう。

還元率(いくらツッコんでいくら戻ってきたかの割合)は以下の通りです。

種類 還元率
パチンコ・スロット 80%
競馬 74.8%
競輪 74.8%
競艇 70%
宝くじ 47%
toto 50%

還元率100%の場合、1万円つっこんで1万円返ってくることになります。表のとおり、ギャンブルはすべて還元率100%以下なので確率的には必ず損します。たまたま勝っても長く続ければ続けるほど損をするようになっています。

パチンコ、スロットはお店選びや打つ人の知識によっては勝つ確率は上がりますので、中には通算で勝ち越している人もいるかもしれません。

しかし、「俺(私)は勝っているからいいんだ」ではなくて、そもそも何時間もパチンコ屋にいること自体が時間の無駄です。

お金に余裕があって趣味でギャンブルをやるのは自由ですが、貧乏で家族の生活費もロクに払えないのにギャンブルするのはやめましょう。

ギャンブルを続ける限り貧乏から抜け出すことはできません。

2.借金・ローン

借金やローンは蟻地獄(ありじごく)です。

借金やローンをするのは、あなた自身が養分となって金融機関や銀行をぶくぶく肥やしているのです。

お金を貯めようとしても、金利にずるずる食われていって払い終わるまで抜けだすことができません。

金利はそもそも払う必要が無いお金にもかかわらず、毎月固定費としてのしかかります。

貯金を増やすには、まず固定費を下げる必要があります。

毎月の収入が少ないのに固定費だけが膨らめば、貯金なんてできるはずがありません。

借金に借金を重ねるのは終わりの始まりです。

住宅ローンや自動車ローンは1%~3%程度の金利で借りられますが、キャッシングやクレジット分割払いは10%を超える金利手数料を払わなければいけない場合があります。

住宅ローンや自動車ローン以外でお金を借りるのはまず止めたほうがいいです。

「貧乏人は金を借りるな、身の程を知り生活態度をあらためよ」を肝に銘じてください。

3.ゲーム

ゲーム依存症が正式に病気として認定されました。

WHO(世界保健機関)は2018年にゲーム症(障害)、いわゆるゲーム中毒を新たに病気として加えています。

ゲーム依存症はゲームのことが頭から離れなくなり、家庭生活、学校、社会生活にひどく悪影響をあたえます。

最近では、チャット機能のあるオンラインゲームや中毒性の高いゲームにより大人、子供問わずゲームにハマる人が増えています。

ゲーム機をもっていなくてもスマホで気軽にゲームができるようになったこともあり、子供をゲームで遊ばせておいて親もスマホゲームで遊ぶという末期の家庭をよく目にするようになりました。

ゲームにハマると課金をしだすようになり、生活に何のプラスにもならないゲームにお金をかけるようになります。

睡眠時間を削ってでもゲームをし、本当に朝から晩までゲームをやりだします。

しかし、所詮ただの電子データ。セーブが消えれば電子ゴミです。

ゲームに時間とお金をかけてもムダです。はやく目を覚ましてゲームを卒業しましょう。

4.風俗

風俗通いはお金を失う大きな原因です。

性病の感染や配偶者との離婚の可能性も高まるのでダブルパンチで人生が貧しくなります。

性風俗だけでなく、キャバクラ、ホスト通いも貧乏へ一直線です。

中には借金してまで風俗通いする人もいますが、ここまでくると依存症の可能性があります。

風俗通いからの病院通いになり、どちらにしてもお金が消えていくので初めから止めておきましょう。

5.ペットを飼う

「貧乏人はペットを飼うな」という獣医師の言葉が世間を騒がせました。

獣医師いわく「経済力がないと病院につれていくこともできず、ワクチンを打つこともできない」とのことです。

すごく正論だと思います。我が家も犬を飼っていますが、エサ代やペットシーツ、おもちゃなどで月5~7千円固定費が増えます。

さらにワクチン代やフィラリア予防などをあわせると年間十万円以上かかります。

もし生活がギリギリな状況で、ペットを飼おうかどうか迷っているなら、ひとまずペットを飼うのは保留してください。

栄養のあるエサを満足に与えない、ワクチンをうたずに病気になる、病気になっても動物病院にも行けない。

これではペットが可哀そうです。

ペットの可愛さ、癒やしを手に入れるにはそれなりの経済力が必要なのです。

6.夜のつきあい

気の合う友人や先輩、上司との付き合いは大事ですよね。

普段言えないことを言い合えたり、お酒が入れば気持ちが高揚して気持ちよくなります。

ですが、夜の付き合いのデメリットは多くあります。

・夜の時間を勉強や副業などの自己投資に使えない

・帰りが遅くなり睡眠時間が短くなる

・脳が活発になる朝に頭がさえない

愚痴や不平、不満、他人の悪口を酒のつまみにしていたらもう最悪です。時間と金のムダでしかありません。

もし、よく飲みにいく友人も貧しい生活をしているなら、思い切って飲む回数を減らしましょう。

 

たぬきくん
以上が貧乏人が嫌ならやってはいけないことでした。
まずは万単位の出費を減らそう。

 

貧乏人から這い上がるためにやるべきこと

1.固定費を減らす

あなたは毎月いくらお金が出ていっているか把握していますか?

もし答えられないのであれば、すぐに通帳と家計簿を取り出して、月々いくらの支出があるか計算しましょう。

毎月50万円の収入があっても55万円使っていればー5万円の赤字ですが、毎月25万円の収入でも20万円の支出に抑えれば+5万円ずつたまっていきます。

貧乏から抜け出すには、まず支出のコントロールです。

将来の生活を考えたうえで「毎日が楽しければいい」と言っているならまだいいですが、将来も考えずその日暮らしで好きなことばかりやるのはアウトです。そういう人は歳をとるにつれて生きるのが苦しくなるでしょう。

そうならないために、早く貧乏体質から脱出する必要があります。

そのためにはまず固定費の削減をおこないましょう。

優先的に減らすべき固定費はこちらです。

減らすべき固定費

・通信費

・保険費

・家賃・住宅ローン

通信費は格安SIMで1万円から3千円以下に減らせますし、無駄な保険は解約、見直しをすれば家族4人でも1万円以下に抑えることは可能です。

家賃や住宅ローンは交渉に成功すれば、毎月の支払いを数千円減らすことができ、長い年月でみると100万円以上うかすことが可能です。

こちらに安くするための具体的な方法を紹介していますので興味があるかたは読んでみてください。

借り換えずに住宅ローン金利を引き下げる裏ワザ。銀行との交渉の仕方を解説。

住宅ローンの金利を安くしたい 「住宅ローン金利が過去最低を更新」 こんな言葉を聞くと我が家の金利も安くならないのかな、て思いますよね。   ましてやフラット35の金利が今借りてる金利より安い ...

続きを見る

 

2.読書

読書をする人が皆お金持ちではありませんが、お金持ちの多くは読書を習慣にしています。

いきなり「読書しろ」と言われても何を読んだらいいのかわからないと思うので、まずはお金に関する考え方を変えるためにこの本を読みましょう。

「金持ち父さん貧乏父さん」は2000年に出版されましたが、今でも世界中で読まれています。

お金のことは学校で教えてくれませんが、この本はお金を学ぶために最適な教科書です。内容がお金に関することなので飽きずに読み進めることができると思います。

 

その次におススメしたいのが「夢をかなえるゾウ」です。

内容がコミカルなのですが、普通のサラリーマンが成功へ一歩一歩進んで行く様子は自分でも実践したくなるようなモチベーションを与えてくれます。

読み終わったころには今すぐ何かを始めたいと思っているはずです。

この2冊は本を読みなれていない人でも読みやすく、考え方を大きく変えてくれるのでおススメです。

 

3.筋トレ

よく健康には適度な運動、ストレス解消には適度な運動、と言われますが、いざやろうとしたときに具体的に何をしていいのか迷うことがあります。

そんなときは筋トレをおススメします。

筋トレは場所を選ばずにすることができますし、筋トレにより分泌されるテストステロンというホルモンによって自信がつき、やる気がアップします。

何より筋トレを続けることで自制心がつき、上で紹介した貧乏人がやってはいけないことをコントロールできるようになります。

さらに、筋トレにハマると健康面や食事にも気を使うようになり、一石二鳥どころか3つも4つもいいことがあります。

筋トレのメリット

・ギャンブルにお金を使うくらいならダンベルを買ったほうがマシと思うようになる

・ゲームをする時間があるならダンベルを握るようになる

・せっかく鍛えた筋肉がおちるので酒、たばこを控えるようになる

・ペットより自分が可愛くなる

・傷をなめあう友人が減り、向上心の高い仲間が増える

このように、筋トレは体だけでなく心も鍛えることができるので、貧乏体質から抜け出すにはもってこいの運動です。

 

4.短期間死ぬ気で努力する

ここまでやったら何か一つ目標を立てて達成するまで死ぬ気で努力してみてください。

難関資格に合格する、ブログを100記事書く、ユーチューブに動画100本あげるなど、なんでもいいので収入を増やすために1年~2年本気で努力して打ち込んでみると、その後の景色が変わってきます。

難関資格に合格すれば転職して年収をあげることもできますし、ブログや動画で毎月3万円稼ぐことも可能です。

努力をするのはつらいかもしれません。

家庭や本業があると時間をつくるのも大変です。

時には休みも関係なく作業をしないといけない日もあるでしょう。

しかし、努力のすえに一度何かを達成すると、その後はそれほど苦労しなくても成果をあげれるようになります。

どうやって達成したかを知りたい人も少なからずいますので、プロセスを共有してあげればあなたのファンも増えるでしょう。

気づいたら「あ、なんかお金増えてるわ」という感覚になります。

金持ちがよく言う「お金は後からついてくる」という言葉の意味がわかるようになったら、もう貧乏から脱出成功です。

-固定費削減, 節約

Copyright© 家計破産防止.com , 2019 All Rights Reserved.