家計破産防止.com

貯金なしから貯金300万円を達成させるサイト

節約術

エアコン暖房の電気代を安くする方法

更新日:

この記事の節約度は★★★☆☆だよ!

記事の内容を実行すると冬の電気代が節約できるよ

この記事のやりさすさは★★★★★だよ~

誰でもできるからやってみて~

節電を考えるとエアコンは寒い

うー、今年の冬は寒いね
そうだね~、ついつい暖房の温度を高くしちゃって電気代がものすごく高かったよ

電気代を考えるとエアコンの温度を低めに設定してしまいますよね。

エアコン暖房の設定温度を1度下げるだけで10%も節電効果があるともいわれています。

某省エネサイトでは設定温度を20℃にするのが適正みたいなこと書いてありましたので、適正温度といわれる20℃に設定してみました。

 

が、

寒い。

めっちゃ寒い。

 

いやいや省エネはいいけど暖房としての意味ないでしょ、コレは。

たまらず25℃まで上げてやりましたよ・・。

誰ですか?20℃が適正って言ったの。

 

ただ、25℃まであげると、やっぱり電気を結構使ってるんですよね。

設定温度を下げると寒いし、上げると電気代が高くなる。

うーーん、エアコン暖房の葛藤です。

 

そこで、エアコンを賢く使うための情報を集めてみたので紹介します。

室内温度を一気に上げる

エアコンが電気をたくさん使うのは、室外機(インバータ)がフルで運転しているときで、室温とエアコンの設定温度に温度差があるときに電気をたくさん使います。

室温が10℃で設定温度が24℃なら、24℃になるまでじわじわと消耗しながら室温をあげるのです。

室温が24℃まで上がってきたら暖房運転をやめ、電気をあまり使わずに運転します。

ここまでくると、室温を保つための運転なので、つけっぱなしでもあまり電気を使いません。

 

そこで、もっと効率よくエアコンに働いてもらうための方法があります。

まず設定温度を30℃とか高めに設定しておく。

エアコンはフル稼働で室温を高くするので、短時間であったかくなります。

その後、24℃まで設定温度を落とせば、電気をあまり使わない運転になるので電気をたくさん使う時間は短くてすみますよ。

 

エアコンは自動運転にする

節電のために風量を「弱」に設定している方もいるかもしれませんが、それはあまりいい方法とはいえません。

エアコンは「自動」にしておいたほうが効率のいい運転をしてくれます。

特にエアコンをつけはじめたときに「弱」運転だと、部屋の温度が上がるまでに時間がかかって余分に電気を使ってしまいます。

 

逆に、寒いからと「強」にしっぱなしだと室温が上がっても電気を使って運転します。

エアコンつけっぱなしで電気代がバカ高くなるのは「強」運転になっているからかも。

 

エアコンの風向きは下向き

ご存じのとおり、あったかい空気は上へあがり、天井付近にたまります。

なので、エアコンの風向きは下向きにしておいたほうがいいです。

放っておいても自然にあったかい空気は上に行くので、部屋全体を温めるなら下向きで。

 

室外機のまわりにモノを置かない

室外機には外の空気を吸ったり吐いたりする役割があります。

室外機のまわりに植栽や不用品など、モノを置いていると室外機が効率よく動いてくれません。

室外機のまわりはすっきりさせて風通しをよくしておきましょう。

 

大雪のときにエアコンがちっとも温まらないのは室外機の前に雪が積もっている可能性があります。

そんなときは室外機の周りの雪をどけてやりましょう。

外の空気が冷たすぎるとエアコンが温まりにくいので周辺をどけてやるといいです。

 

エアコンと一緒に使うといい暖房器具

加えておススメなのは、ホットカーペット。

ホットカーペットにはこんないいことがあります。

 

あったかさを直に感じられる

エアコンは空気を温めるので、部屋全体が温まり体に直接あったかさを感じることは少ないです。

ホットカーペットはそのぬくもりを直接体に感じることができるので、体感温度は高くなります。

エアコンだけでは床がどうしても冷たいままですが、ホットカーペットなら足元あったかです。

 

電気代が少なくて済む

ホットカーペットの消費電力は多くても300W程度。

1時間あたりの電気料金は約7円程度です。(1kWh27円で計算した場合)

エアコンとあわせて使えばエアコンの温度を低めに設定していても暖かくすごせるので経済的にお得です。

-節約術

Copyright© 家計破産防止.com , 2020 All Rights Reserved.