イベント出費

卒業祝いや入学祝いの金額は?甥や姪、いとこにも渡すの?相場と本音

投稿日:

3月は卒業・入学シーズンですね。

進学や進級でおめでたいことですが、『お祝い』を忘れちゃいけないですよね。

お祝い事なので、ケチくさいことを言いにくいですが結構な出費になるので準備をしておきたいですね。

 

お祝い金は多すぎても負担になるし、少なすぎても「あれっ?」と思われてしまいます。

お祝い金の相場って実際どうなんでしょうか?

今回はよくある一般的な相場とあわせて誰もが思っていても言えない本音の部分も紹介していきます!

 

言いたくても言えない本音の部分を話します。

スポンサーリンク

 

卒業・入学祝いの金額の相場

卒業祝いや入学祝いの相場は5千円~5万円です。

金額は年齢が上がるほど高くなり、血縁関係の濃い順に金額を高くするのが一般的です。

自分の子どもや孫が一番高く、次に兄弟姉妹の子ども(甥や姪)になります。

兄弟姉妹の子供のお祝い金としては1万円、いとこの子供など遠い親戚の場合は5千円程度にしておくのがいいでしょう。

血縁関係が遠い親戚は、小中学校は省いて高校・大学の合格祝いを渡します。

 

幼稚園・保育園の入園祝い

 

幼稚園・保育園の入園祝いとしては、祖父、祖母が孫のために1万円~5万円程度をお祝い金として渡します。

現金以外の贈り物として、三輪車、靴、服などがあります。

親が子供に渡すというより、おじいちゃんおばあちゃんが親に渡すのが多いんじゃないかな?素直に受け取って子供のために使おう。

 

幼稚園・保育園の卒園、小学校の入学祝い

幼稚園・保育園の卒園、小学校の入学祝いの相場は5千円~3万円です。

こちらも親が子供や親戚にあげるよりもおじいちゃん、おばあちゃんが渡すケースのほうが多いでしょう。

現金以外では、自転車や学習机をお祝いとして買ってあげると大変喜ばれます。

 

正直、義務教育なんでお祝い金いるんかな・・。気持ちだけでいいと思う。図書券とか

 

小学校の卒業、中学校の入学祝い

小学校の卒業、中学校の入学祝いの相場は5千円~1万円です。

現金以外では、図書券、ギフト券、電子辞書、腕時計など中学生になってから使えるものが喜ばれます。

 

これも小学校と同じかな。自分の子がもらったら返すくらいの気持ち。

 

中学校の卒業、高校の入学祝い

中学校の卒業、高校の入学祝いの相場は、5千円~3万円です。

高校受験に合格、おめでたいイベントですので祝福の気持ちを込めて渡しましょう。

現金以外では、図書券、ギフト券、腕時計、財布などが喜ばれますがモノは本人の好みがあるので気を付けましょう。

 

高校入学の合格祝いは流石に出してあげよう。金額は1万円かな。

 

高校の卒業、大学の入学祝い

高校を卒業、大学の入学の時のお祝いの相場は1~5万円です。

大学入試は人生の中でも最も大きなイベントの一つです。大学に合格したら気持ちよくお祝い金を渡しましょう。

現金以外では、ギフト券、音楽プレーヤー、タブレット端末など実用的なものが喜ばれます。

 

大学合格もやっぱり1万円くらいかなぁ。

 

大学の卒業、就職祝い

大学の卒業、就職祝いの相場は1万~5万円です。

社会人になるお祝いとして、ネクタイ、腕時計、アクセサリー、ハンカチなどビジネスで使えるものが定番です。

 

20歳超えたらいらない気がするけど・・。親戚づきあいで気になるなら1万円かギフトが無難。

 

 

卒業・入学祝いは親戚のどこまで渡すか

次に、卒業・入学祝いは親戚のどこまで渡すかを紹介します。

基本的には自分の子・孫には出しますが、甥っ子や姪っ子、いとこなどの親戚はどうすればいいのでしょうか?

 

月並みな意見を言えば、近所に住んでいたり、普段から頻繁に家族同士で遊ぶことがあるのなら、甥っ子や姪っ子にも渡すのが自然でしょう。

年に1、2回しか顔を合わさないのであれば渡すかどうか迷うところですが、高校や大学の合格祝いであれば渡しておきたいところです。

気持ちなので渡しておいて悪い気になることはありません。もらったら返すのは当たりまえですが、先に渡す場合は自分の気持ちの範囲でお祝いしましょう。

 

お祝いの事前相談がトラブルを回避する方法

ここからは個人的意見です。賛否両論。

個人的意見を言わせてもらえば、小中学校は義務教育なので自分の子どもを含め不要。

お祝いを渡すとしたら高校合格、大学合格時のみでいいと思ってます。

渡すのは自分の兄弟姉妹の子どもまででしょうね。それ以上は広がりすぎて負担になります。

 

また、兄弟姉妹でお祝いが負担と感じるなら、事前に話をして無しにするか金額を決めておきます。

自分の経験では、大学合格時に父親の兄弟(叔父)のうち1人からもらいましたが、もう1人からはもらっていません。

本来、お祝いは気持ちなので必ず渡す必要はないのにかかわらず、貰ってないほうの叔父のことをマイナスイメージに思ってしまいます。(しかも悪い評判が広まる)

この状況を避けるためには親同士の打ち合わせはしておいたほうがいいでしょう。

 

子供は誕生日やらクリスマスやらお年玉やら色々もらう機会が多いですからね。

お祝いは『気持ち』とはいっても1000円渡すわけにいかないですし、生活を切り詰めてまで渡すものではないと思ってます。

反対に、こちらが裕福でも貰った側が金銭的に困っているなら派手に渡さないのがマナーですね。貰った側は重荷でしかありません。

 

3月になると入学・卒業シーズンです。

お祝いを渡すなら、心の中で苦虫を噛み潰すような気持ちで渡すより、気持ちよく渡せるように相談して決めておきましょう!

-イベント出費

Copyright© 家計破産防止.com , 2019 All Rights Reserved.